お金よりも先に、家事育児との両立を目指しました

スーパーの品出しのパートで働いている者です。

結婚してからは全く社会から離れ専業主婦として生活していたので、働くのは10年ぶりになりました。
そのため、最初は働く事そのものに慣れようと思い、接客の少ない仕事に的を絞って探しました。

またいきなり5時間のパートも体力的に厳しいかと思い、3時間程度のものを選びました。

よって稼げる金額は僅かばかりですが、とにかく今は、働きながら家事育児をするという事に慣れるのが先決だと、割り切っています。

品出しの仕事は体力勝負なので、はじめたばかりの頃は21時を過ぎると起きていられないくらい体が辛く、
子供より先に寝てしまう事もありましたが、それも半年経ち、ようやく体が対応して来ました。

また、それぞれに持ち場が決まっているため、パート中、他のパートさんと話しをする時間もないのが私にはおおいに有り難かったです。

主婦がパートをするに当たって、一番厄介なのが職場の人間関係ですが、品出しパートは時間までひたすら品出しをするだけなので、いざこざなどが起きづらく、そのため、比較的皆さんと友好的に過ごしています。

働くという事に体が慣れ、社会人として勘をもう少し取り戻せたら、時間の長いパートに変えようかと計画中です。